2020-2021 Collectionを発表します。

Salvaged Tapes 2020-2021 Collection「In the Wilderness-荒野にて-」を発表します。

2018年より、私たちは音楽とプロダクトの美しさを融合させ、コレクション単位で発表する新しい試みをスタートしました。
3年目となる2020-2021年のテーマは「In the wilderness-荒野にて-」。
詩人・黒田三郎氏の作品「夜の窓」から着想を得ました。
荒野や未開拓の土地という意味から転じて、政権や既存の価値基準から離れるという意味を持ちます。

公共性の高い公衆電話をモチーフに、音楽を入手する行為をもって初めて完成する作品「Sound Comunication Point」を制作いたしました。
楽曲制作には世界10ヶ国以上の国々やレーベルから音楽作品を発表、近年では東京都指定有形文化財「ホテル雅叙園東京・百段階段」の館内音楽を担当、2020年からドメスティック・ファッション・ブランド「DRESSEDUNDRESSED 」のコレクション・テーマも手掛けるJobanshi、アートディレクションとデザインにはプロダクトデザイナー / デザインストラテジストとして、製品開発におけるクリエイティブ及びテクニカルディレクション等を手掛け、「BONX mini」にて2020年度グッドデザイン賞、「NUARL N6 / N6 pro」にてVGP 2020 AWARDを受賞した髙橋 将貴(Masataka Takahashi)をそれぞれ迎えました。
ティザームービーには、秋元修氏、田島ハルコ氏、入江陽氏など数々の映像作品を手掛ける堀切基和が担当しています。

発売に先立ちまして、キービジュアル並びにティザームービーを公開いたします。

 

ぜひご期待ください。

Sound Communication Point
Track:Jobanshi
Mastering:Chihei Hatakeyama
Art Direction & Design:Masataka Takahashi
Photo:Hiroki Morioka
Video:Motokazu Horikiri
SVTP-008
発売予定日:2021年4月上旬
(P)Salvaged Tapes