2022 Collectionを発表します。

Salvaged Tapes 2022 Collection「Waiting for rain-雨を待つ庭-」を発表します。

2018年より、私たちは音楽とプロダクトの美しさを融合させ、コレクション単位で発表する新しい試みをスタートしました。
2022年のテーマは「Waiting for rain-雨を待つ庭-」。

人々の個性や潜在的な可能性がどのように成長し実を結んでゆくのか、その過程を体験する作品としてピアニストryo sugimoto氏の作品を迎えました。

作品の制作にはNative Insturumentus社のKontakt用アコースティックピアノ音源「Noire」のみを使用しています。
各楽曲は楽譜として記載されていますが、そこには通常の演奏指示のみならず、プラグインの各種パラメータ設定、時間的変化が指定されています。
再現芸術としてのクラシックの解釈を拡大し、一見無個性にも思える電子機器の設定とプラグインの使用タイミングまでをも指定した時、演奏者の個性はどこに宿るのかを提示する試みです。

ぜひご期待ください。

fragments

Title : fragments
Artist : ryo sugimoto
Release Date : May 18th 2022
Format : Digital
Recorded & Mixed  Mastered : Keisuke Mukai
Recording assisted : Michiro Inatsug
Performed:  ryo sugimoto
Composed : ryo sugimoto
​Artwork : comuramai
Score design : Mahaya Takara
Key Visual : Hiroki Morioka
Special Thanks : Native Instruments GmbH
SVTP-009
(P)Salvaged Tapes