Orb


Title : Orb
Artist : Miyu Hosoi
Cat No : SVTP-007
Release Date : June 15th 2019
Format : Sacoche with CD/Digital
Recorded & Mixed  :  Toshihiko Kasai at studio ATLIO/M4 Yuta Bandoh
Mastered : Moe Kazama at studio ATLIO
Voices  :  Miyu Hosoi
Composer : M1 Shun Ishiwaka/M2 Ayatake Ezaki/M3 Yusuke Lawrence Kato/M4 Yuta Bandoh/M5 Miyu Hosoi/M6 Chikara Uemizutaru
3D Sound System : Jiro Kubo (acousticfield)
3D Audio Designer : Misaki Hasuo
Reverberation Room : ONO SOKKI CO., LTD
Disc ​Artwork : Isao Konuki
Sacoche : UNNUN
Digital Art Work : Isako Konuki
Track list
1. Chant
2. Jardin
3. Rovina
4. Fonis
5. Orb
6. Lenna(HPL22 Ver.)

 

Digital Release Art work

-見渡す限り遮るもののない景色、雪景色のような白く時に厳しいような-

Miyu Hosoiの作品には、
原始的ゆえの圧倒的な美しさが込められています。
冷たく、時に刺すように清冽な声。
打ち寄せるさざ波のように響いてくる音像。
世界的にも例が少ない22.2ch音源と、そのバイノーラル音源を含む
Miyu Hosoiが表現するJuvenileは、汚れのない、
神々しささえ漂う純粋さをもって、根源的な強さを秘めた
少年の心を思い起こさせてくれます。

自身の発する声のみで表現するという制限のもと制作された本作、Miyu Hosoiは自身初のフルアルバムとして声の文脈も加味したストーリーを表現したかったといいます。
それは単に音楽的な文脈のことを指すのではなく、声を幾重にも重ねることに端を発したアナログ的なアプローチから、メディアの力を借りた最新のテクノロジーまで、複数の方向性で声の可能性を提示できるようにすることでした。

清冽な湧き水の一滴のように澄んだ響きを残すM1 『Chant』。単旋律からポリフォニーへ進化していく様子を1枚のアルバムの中で表現したかったという彼女は、この曲を特殊な残響のある部屋で収録し、イコライザーやリバーブを使用せず、収録された声をそのまま活かす方法を採用しました。本作品の1曲めにふさわしい、生まれたままの純粋さ、静けさが極限まで追求された楽曲と言えるかもしれません。
雨の日の庭を想像して制作したというM2 『Jardin』は、唯一感情を全面に出して録音したと語っています。楽曲中盤では水があふれるようなイメージを、クラシックな譜面のアプローチながらエフェクティブなシーンをも取り込み見事に表現しています。
続くM3『Rovina』では、マイクとの距離やブレスの強弱、増減を巧みに使い分け、1人で表現できる声の多様性について追求したといいます。多重録音ならではの多面的な遊び心をのぞかせながらも、不思議と一体感を感じさせる1曲となった点において制作チームも良い意味で想定外だったそう。
M4『Fonis』では今まので声楽的な作風を一新し、声を素材としてサンプリング、エディットすることで、声の可能性を拡大することに成功しています。声を楽器に似せるのではなく、声そのものが音を奏でられるインストゥメンタルの一種であるという原点に立ち返る姿勢を示しているようにも見えます。自身で作曲したというアルバムタイトルを冠したM5『Orb』。天体、球というイメージから、アルバムを通して感じられる一本の道筋の周りに、発せられた音が周回するような感覚で制作したと語っています。音楽と音の境界をゆっくり行き来するような、自転と公転を遠くから眺めている様なさまを思い起こさせます。
22.2chを2mixバイノーラルで収録したM6『Lenna』は、現代のテクノロジーを用いた空間表現において人の声で表現できる幅を押し広げました。作曲を担当した上水樽氏の「ダイナミックレンジ、音域、モノラル、サラウンドを含んだ空間レンジを最大限に活かすよう作曲しました。」という言葉通り限りなく実験的な作品であるにもかかわらず、一方でミックスを担当した蓮尾氏の「音楽を空間の広さ、狭さ、粗と密、静と動で表現したいと思いました。あくまで音楽でであることを念頭にバランスをとることを目指しました。」という言葉からも、この楽曲が音楽的にも高度に完成されており、まるで個々の音声データが人格を持っているかのように、時に人を惹きつけ、また置き去りにしていくようなJuvenileの挑戦的な側面を体現していると言えるでしょう。

音が水のように溢れ、流れを作り、満たされていくような感覚に捕らわれるかもしれません。清冽で、ささるほど冷たい、凛とした佇まいの水。
Miyu Hosoiが表現するJuvenileが余すところなく収められた1枚です。

※M6 Lennaに関しましては、22.2ch音源のステムデータをサイト上で無料配布いたします。(6月中旬予定)クリエイティブ・コモンズ下で二次使用を可能にし、リミックスや、コンバート、再生環境の研究などにも使用していただけるよう公開いたします。
CDならびにデジタルで販売されておりますLennaは22.2ch音源をバイノーラル(HPL22)へコンバートしたものを収録しており、クリエイティブ・コモンズ対象ではございません。著作権はアーティスト並びにレーベルに帰属いたしますのでご注意ください。

English will be available soon.


Miyu Hosoi

 

Official: http://miyuhosoi.com/

 

1993年愛知県生まれ。高校時代合唱をきっかけに現代音楽に触れ始め、所属していた合唱団体で国内外のコンペティションにおいて金賞など多数受賞。慶應義塾大学在学中から数々の楽曲、サウンドインスタレーション、ライブにヴォイスプレイヤーとして参加。
  近年はアンスティチュフランセ東京でのサウンドインスタレーション作品展示や、オーディオビジュアル分野の展示企画・ディレクションなど活動は多岐にわたる。

English will be available soon.