fragments


Title :fragments
Artist : ryo sugimoto
Cat No : SVTP-009
Release Date : May 18th 2022
Format : Digital
Recorded & Mixed  Mastered : Keisuke Mukai
Recording assisted : Michiro Inatsug
Performed:  ryo sugimoto
Composed : ryo sugimoto
​Artwork : comuramai
Score design : Mahaya Takara
Key Visual : Hiroki Morioka
Special Thanks : Native Instruments GmbH
Track list
1. ruts
2. promenade
3. boring sundial
4. cadenza
5. doze
6. old porcelain
7. light and breath
8. retrospection
9. little adventure
10.solitude

Salvaged Tapes 2022年のコレクションテーマは「雨を待つ庭」。
人々の個性や潜在的な可能性がどのように成長し実を結んでゆくのか、その過程を体験する作品として制作されました。

作品の制作にはNative Insturumentus社のKontakt用アコースティックピアノ音源「Noire」のみを使用しています。
各楽曲は楽譜として記載されていますが、そこには通常の演奏指示のみならず、プラグインの各種パラメータ設定、時間的変化が指定されています。
再現芸術としてのクラシックの解釈を拡大し、一見無個性にも思える電子機器の設定とプラグインの使用タイミングまでをも指定した時、演奏者の個性はどこに宿るのかを提示する試みです。

レコーディングは演奏ホールで行われました。音が発生した際の聴感を再現するため、ホールの響きを取り入れて録音しています。
それぞれの演奏者が演奏し再現する際には、演奏される場所による再現性のゆらぎもユニークになりうるかもしれません。

楽譜は本サイトで公開しています。
ダウンロードしてご利用ください。

レーベルオフィシャルサイトにてダンロード購入いただいた場合はあらかじめPDFファイルにて同梱されています。
https://www.salvagedtapes.shop/

各種ストリーミング並びにダウンロードサービスをご利用の方は楽譜のみこちらよりダウンロードいただけます。

fragments_score download
The theme of the Salvaged Tapes 2022 collection is “A Garden Waiting for Rain.” This work allows listeners to experience how people’s individuality and potential grow and bear fruit.

The work was created using only “Noire,” an acoustic piano instrument for Kontakt by Native Instruments.
Each piece is also written as a score that both describes the performance instructions and specifies the various parameter settings, including the settings for the time changes of the plug-ins.
This is an attempt to expand the interpretation of classical music and experiment with how the audience recognizes the individuality of the performer by specifying their settings and the timings of plug-ins of non-individualistic musical devices.
The recording took place in a classical concert hall to reproduce its auditory sensations—echoes and all.
When each performer performs and reproduces the score, the sound may fluctuate depending on the location of the performance, leading to unique results and fluid reproducibility.

The scores are available on this website. Please download them here.
When you download it from the label’s official online shop, the score comes with wav files.
https://www.salvagedtapes.shop/

Streaming or any other download services users can download the score here.


1988年生まれ。ピアニスト、キーボーディスト、作曲家。
ジャズをはじめ、ブラジルやキューバ、アルゼンチンなどのラテン音楽から電子音楽まで幅広いジャンルの音楽を演奏している。
現在はyuukitakamiとのユニット「aqubi」を中心に活動しており、2018年10月に1st album「scenes」をリリース。2021年11月に最新作「waltz」を配信リリース。
2016年から2017年頃にかけて東京塩麹に参加。小西遼主宰のTokyo sound-paintingのメンバー。市原佐都子主宰の劇団Qによる「妖精の問題」にピアノ演奏で参加、「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018」に出演。
2020年よりTAMTAMにサポートメンバーとして参加。2021年、湯川潮音のEP「漂ようものたち」に参加。古川麦率いる「Baku Furukawa e Ondulações」に参加。

Pianist, keyboardist, composer. Born in 1988.
He plays a wide range of music, from jazz and electronic music to Latin music from Brazil, Cuba, and Argentina.
Currently working with yuukitakami as a unit—“aqubi.” They released their first album “scenes” in October 2018, and their latest work “waltz” was released in November 2021.
Ryo participated in a band called Tokyo Shiokouji from 2016 to 2017. He has performed in Tokyo sound-painting by Ryo Konishi, “A Matter of Fairy” by theater company Q, led by pianist Satoko Ichihara, and KYOTO EXPERIMENT, the 2018 Kyoto International Performing Arts Festival. He has been a supporting member of TAMTAM since 2020 and participated in “Baku Furukawa e Ondulações” led by Mugi Furukawa as well as Shion Yukawa’s EP “Drifting Things” in 2021.